え、簡単すぎる!刺繍で「子供の名前」の縫い方おすすめ3選

その他
スポンサーリンク

子供の手提げかばんに刺繍で名前が書いてある。

「わ、素敵!」と思うけど、不器用な私には出来ないと思っていませんか?

刺繍は難しいイメージがありますが、名前だけなら意外に簡単にできます。

しかも、繰り返し洗濯しても名前が消えないのも◎。

初心者向けの名前の縫い方を紹介します。ぜひ試して下さいね。

 

想像以上に「刺繍」はカンタン!

「刺繍」と聞くと、難しそうなイメージありますよね。

「私は不器用だから…」と諦めていませんか?

初心者さんでも、不器用さんでも思っている以上にカンタンに出来るモノ。

難しいと思っているのは、筆記体やワッペン等の絵です。子供の名前くらいなら、簡単に縫えますよ

で、刺繍で名前を縫うメリットは、3つあります。

  • 市販品でも手作り風になる
  • 見た目が可愛い
  • 数年使っても名前が消えない

手提げなど手作りしてあげたいけど、時間がない。そんなママでも、刺繍で名前を縫えば、ちょっとだけ手作り風に仕上げれます。

また、サインペンで名前を書くよりも、可愛さがアップ。しかも、何回洗っても、名前が消えません。

子供の手提げや小袋は、刺繍で名前を縫うのがおすすめです。

 

初めての刺繍にチャレンジ!

刺繍で名前を縫ってみよう!

そこで悩むのは、「針と糸だけで出来る?」や「どんな風に縫うの?」という疑問です。

まずは、使うものは通常の針と糸で名前を縫えません。(縫えますが、細いです。)

名前を縫う時は、刺繍用の針と糸を用意します。

両方とも100均で購入可能。なんですが、100均は100均なりのクオリティーです。初めてであっても、手芸屋さんで揃えるのがおすすめ

あとは下書きするチャコペンです。これはなくても大丈夫。鉛筆で代用できますよ。

最後にもう一つ。刺繍といえば、「刺繍枠」です。

布をピンっと張るための道具なんですが、なくても刺繍はできます。ただ、初心者だと糸がもつれるので、合ったほうが◎。これは100均のモノで十分です。

刺繍糸を買う時に、グラデーションの糸を買うのがおすすめ。単色よりも、刺繍が上手く見えますよ。
スポンサーリンク

 

初心者におすすめの名前の刺繍方法は3つ!

刺繍の道具も揃えが、次はどんな風に縫うか…。

色んな縫い方がありますが、初めての場合は簡単にできるモノがおすすめです。

名前にオススメの刺繍の縫い方は3つ

  • バックステッチ
  • アウトラインステッチ
  • チェーンステッチ

どれも名前なら5分以内でできる縫い方です。

①バッグステッチ

まずは基本のステッチ。一度バックしてから前へ針を出して進むのが「バッグステッチ」です。

均等に縫うのがポイント

とりあえず刺繍で名前を縫ってみたい!という人におすすめです。

詳しい縫い方は動画でチェック↓

②アウトラインステッチ

これも基本中の基本のステッチ。

直線だけでなく曲線の刺繍、面を埋めたり、とっても万能な縫い方です。

③チェーンステッチ

最後は、くさり状に縫うステッチです。

コツさえ押さえたら、簡単で可愛く仕上がるのでおすすめ。

ぜひ試して下さいね。

タイトルとURLをコピーしました