マスクの黄ばみ&汗ジミの簡単な落とし方(まっしろ!)

暮らし
スポンサーリンク

夏場の暑い時期や、室内で暖房が効きすぎた場所など。ただでさえ暑いのにマスクをしていると余計に暑く感じてしまい、顔周辺にも大量の汗をかきがち。

そんな汗や皮脂汚れが原因で、マスクが黄ばんでしまった!という時に。なるべく簡単な方法で、ラクに黄ばみを落とす方法を紹介します。

マスクの黄ばみを落とす方法その1「 酸素系漂白剤を活用」

汗による黄ばみの原因は、皮脂や汗に含まれている成分によるもの。特に皮脂汚れは脂溶性なので、普通に洗濯機などで洗ってもなかなか落とし切る事が難しく、「洗いきれてない汚れ」が少しづつ蓄積されていく事によってどんどん黄ばみになっていきます。


ワイドハイター クリアヒーロー

そんな落としにくい黄ばみを落としたい時には、酸素系漂白剤を使うのがおすすめ。

漂白剤には、よく見かける塩素系の漂白剤と酸素系の漂白剤がありますが、単純に漂白する能力だけでみると塩素系の方が上です。

ただ、塩素系漂白剤をマスクの黄ばみ落としに使ってしまうと、マスクの紐部分のゴム成分のポリウレタン等に反応し、ゆるゆるなゴムになる場合があります。

酸素系漂白剤は基本的に「つけ置き」に適しているのと、こういったゴム部分の素材も傷めにくい、また柄ものにも使用できるのでおすすめというわけ。

酸素系漂白剤には液体タイプのと粉末タイプがありますが、頑固な黄ばみに大しては粉末タイプの方が上で、画像で紹介しているクリアヒーローは酸素系粉末漂白剤の中でも特に高評価で人気のアイテムです。

実際に黄ばみを落とす手順は次のようなやり方で↓

  1. まずはマスクを40℃ぐらいのお湯にひたして皮脂汚れを落としやすくする。
  2. 黄ばみに洗剤(家にあるもの)をつけてもみ洗い。
  3. 洗剤を軽くすすいだら、40℃以上のお湯に酸素系漂白剤を溶かす(規定の分量でOK)
  4. 30分から1時間程度つけ置きし、最後の洗濯機のすすぎモードですすぎ乾かしたら完成

いきなり漂白剤につけるのではなくて、いったん皮脂をお湯で浮かせて洗った後でつけこむのがポイントです。

スポンサーリンク

 

マスクの黄ばみを落とす方法その2 「ウタマロ石鹸を塗り込む」


ウタマロ 石けん

もうひとつのやり方が、ウタマロせっけんを活用する方法。ウタマロせっけんは普通の石鹸や洗剤とは違って「塗り込む」のがポイント↓

  1. 40℃ぐらいのお湯にマスクを浸す
  2. 黄ばみの部分にウタマロせっけんをゴリゴリとこすりつける
  3. うっすらと緑色になったら、マスクをごしごしともみ洗い
  4. 30分ほどお湯につけたら、普通に選択して完成

ウタマロせっけんは「皮脂汚れ」に強いのが特徴で、マスクの黄ばみを取り除くのにうってつけの石鹸です。

マスク専用のつけ置き洗浄剤を使う方法も


マスクのつけ置き 除菌洗浄剤

最後にマスク用の除菌洗浄剤を使う方法も。使い方はとても簡単で、2リットルのお湯に大さじ1杯を目安に洗浄剤を入れて、30分程度つけ置きしたら水でよくすすいで洗うだけ。

洗浄した後は、水と酸素に分解される成分を使っているので、口元に触れるマスクをキレイにしたい時に安心感がありますね。(洗剤独特の匂いがせず、化学成分過敏症の人にもおすすめ

暮らし
スポンサーリンク
イージーをフォローする
スポンサーリンク
EASY-EASY
タイトルとURLをコピーしました