Zoomのカラオケみたいな二重音エコーを簡単に解消する方法

デジタル
スポンサーリンク

Zoomでビデオ会議中に頻繁にエコーが発生してまって、何を喋ってるのか聞き取りづらい! 喋ってる内容よりも、反響してるのが気になって集中できない!という時に。

響いてしまうエコーを簡単に解消する方法を紹介します。

Zoomでエコーが発生してしまう理由

Zoom中にまるでカラオケルームのように、やまびこのように音声が反響してしまう理由はシンプルです。

  • 自分のスピーカーの音を自分のマイクが拾ってるから

相手が喋った音声が自分のPCスピーカーから流れてきて、その音声を同じく自分のPCのマイクが拾ってしまう。「喋った声+マイクが拾った喋った声」が二重になるので、他の参加者には二重になった音声が聞こえてしまうという簡単な原理です。

ちなみに、スピーカの音をマイクが拾い過ぎてしまう現象が同じ空間で起こると、一定の周波数だけが増幅されてキーーーーン!という不快なハウリング音が発生します。(運動会のマイク等でおなじみ)

「Zoomでハウってる」という使い方をする場合もありますが、厳密にはエコーがかかってるだけで、キーンは発生してないのでハウリングとは呼ばないので豆知識。(一定の周波数だけが増幅されすぎる事がハウリング)

スポンサーリンク

 

Zoomでエコーを起こさない方法は簡単

Zoomで二重で音声が聞こえてしまうエコーを発生させない方法は、PCから出る音声をスピーカーが拾わないようにすれば良し。

つまり、PCのスピーカー音が出ないように音声はイヤホンで聞けば良いという事。(自分が発言しないZoomなら、ミュートにしておけばOKなので、イヤホンにする必要はありません)

自分もよく発言するZoom会議の場合には、やはりヘッドセットを利用するのが一番です。


(ボイスチャットメインなら最高のヘッドセット!と人気のモデル。 ワイヤレスタイプのロジクールヘッドセット

ヘッドセットの利点は、PCスピーカーからの音は拾わずにエコーを起こさないのはもちろん、音を拾う集音範囲が自分の口元周辺に限定されるので、Zoom中、他の参加者に自分の家庭内の雑音や環境音を聞かせずに済む…という点もメリットです。

Zoomでは、もともとの機能としてエコーを除去しやすくする設定もあります。設定→オーディオー→エコー除去から「自動」「強度」をチョイス。通常は自動で、エコーが気になる時は強度に設定するだけ。

ただ、「強度」設定にした場合。エコーは消えやすくなる一方、プツプツと音声が途切れやすくなってしまい、今度は別の意味で音声が聞き取りにくくなってしまう可能性も。

Zoomしてると、いっつも音声が二重に聞こえて聞こえづらい!という人は、相手が原因ではなく、スピーカーで聞いてしまってた…等という意外に自分側に原因があるケースも考えられるので注意が必要です。

スポンサーリンク

Zoomでエコーが発生!みんなどうしてる?

タイトルとURLをコピーしました